たまに魅せるギャップが堪らない恥ずかしがり屋グラマーギャル。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日初撮影の被写体は、日焼けサロンで働いているという「ジュンさん23歳」日焼けサロンで働いているだけあって、こんがりと褐色に焼けた肌を露出させた服装で来てくれました。最近、趣味でジムに通い始めたという彼女は服の上からでも分かるグラマー体型で、醸し出すエロスからかジムでもよく声をかけられたりするらしい。見かけによらず恥ずかしがり屋さんな彼女に、エッチな質問をどんどんと浴びせていく。赤面しながらも『お尻叩かれたい…』とM気質であることをカミングアウトしてくれる彼女。そんな彼女に近づき、まずは優しくキスをすれば『キス好き…』目をキラキラさせながら自ら舌を伸ばし相性を確かめるようにじっくりじっとりと舌を交わす。キスで一気にスイッチが入ったのか、乳房の先端を弄られて『先っぽコリコリされるの好き..』恥ずかしがりながらも甘い吐息まじりで教えてくれるジュンさん、指を咥えながら感じる姿が卑猥さを増長させる。『..おっきぃぃ』硬根が現れると嬉しそうな雌顔で奉仕を始める彼女。舌を長く伸ばし、舌全体を使って亀頭を湿らせていく。そして、彼女のテクニックに我慢の限界まで膨れ上がった巨根が、ついに褐色のギャルま○こに挿入される。『ぁぁあ、ダメぇ、気持ちいぃッ!!!』ご希望通り、後ろから突かれながらお尻を叩かれて、仔犬のような鳴き声を部屋中に響かせる。Mっ気を出しながらも、たまに男を誘うような妖艶な仕草を魅せるジュンさん。攻めに転じると、脚を大きく広げて男の上に跨り、巨尻を波打たせながら男根をパイパンま○こにトントンと打ち込んでいく。照れながらも快楽を貪り続ける誘い上手の淫乱ギャル、最後も待ち望んでいたように自ら精液を迎えにいき…
hadakawork001
hadakawork002
hadakawork003
hadakawork004
hadakawork005
hadakawork006
hadakawork007
hadakawork008

 

コメント