愛人と濃密な愛を刻む。最高の愛人と、最高の中出し性交。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

愛人『ゆら』と濃密な愛を刻む。穏やかな陽気に照らされながら、待ち焦がれていた二人だけの一日が訪れた。久方ぶりの逢瀬に高揚感を隠せない二人は、人目も憚らず昼間の車中で何度もキスを交わす。都内を車で走り回り、ショッピングや食事を楽しみながら恋人同士のような時間を過ごした後は、男が所持している別宅へと向かった。『ゆら』の服を荒々しく剥ぎ取り、陰部を指で掻き乱すとねっとりとした愛液が絡みつく。肉棒を差し出すと隅々まで丁寧に舐め回し、反り返った肉棒を前にした『ゆら』はナマのまま挿入を懇願…。秘部を突き破るように荒々しく挿し込まれ、激しいピストンによって快楽に浸る。淫美な身体は幾度も絶頂に達し、膣内へと白濁液が注ぎ込まれる…。二人は”愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。
hadakawork001
hadakawork002
hadakawork003
hadakawork004
hadakawork005
hadakawork006
hadakawork007
hadakawork008
hadakawork009
hadakawork010
hadakawork011
hadakawork012

 

コメント